写真は撮り様である・・・

20170530garden.jpg

こうやってカメラのアングルを一番きれいに見えるように考えて撮ると、なんて素敵な庭でしょう!という写真になりますね(なってない?)。

これはいろいろな花が植えてある一角を斜めから撮ったもので、一番たくさんの花が入る構図です。実際は、そうたいしたことはないんですけれど・・・

手前の青い花はキャットミント、濃いピンクのバラはレオナルドダヴィンチ、その向こうにピンクのルピナス、ルピナスの奥、左の白いバラはアイスバーグ、一番奥がうちのプリンセス、セプタードアイルです。

20170605Schneew.jpg

こちらは反対方向、アイスバーグ側から撮ったもの。アイスバーグはドイツ名が「白雪姫」、真っ白でとてもきれいです。と言うか、きれいなバラだったのね~、と今年咲いて思いました。今年の花は花びらヒラヒラで、とてもきれいです。去年の花とは、ずいぶん違います。まだ株は小さいけれど、それなりに充実してきているんでしょうか。それに何と言っても、花持ちが良い!ERが咲いてはすぐに散ってしまうのに比べて、何日も真っ白のまま咲いてくれる白雪姫は、とってもエライ!

足元のオレンジは、ハナビシソウです。こぼれ種で、どこに生えてくるかわからない。この花壇は、白とピンクと紫と青と決めて植えているのに、突然咲く派手なオレンジなのでありました。かわいいから抜かないでおいてしまうんですよね~。

ちゃんと手入れもしてあげていないのに、きれいに咲いてくれるうちのかわいいお花たちなのでした。

それにしても、植物って大きくなるんですね~。花壇がどんどん混雑状態になってきました。いくつか植え替えました。あまりに窮屈で。

ルピナスもかわいいけれど、ものすごく大きくなってしまってバラの邪魔になるので、咲き終わったら移植します。ルピナスは種で増えないように花が終わると切っているのですが、株がどんどん大きくなる!もともとはピンクと白と紫があったのですが、ピンクだけが生き残りました。白と紫も欲しいけれど、こんなに大きくなるのではちょっと植えられないな。。。うちの庭はバラに優先権があるので・・・






バ~ラが咲いた!

今年は3月が暖かくて、4月がすごく寒くて、それからなかなか暖かくならなくて、という変なお天気のせいか、バラが咲きそうで咲かなくてじ~っとつぼみを見つめる日々でした。

ここ数日、いきなり夏のようになったので、バラもいきなり咲き始めました。あまり気温が高いと、花の命が短かくて困ります。。。

真っ先に咲いたのが、この前紹介したグラハムトーマス。どうも弱々しい株で、枝も細いままなのですが、やっと「グラハムトーマスってきれいなバラだ」という花を付けました。もちろん去年だって花は付けて黄色くてきれいだったのですが、イマイチだったんですよね。



そしてアブラハム・ダービーですが、咲いたんですが、こちらはイマイチ。どうしても欲しくて買ったバラですが、まだ花付きもあまり良くないし、花の形も色も今ひとつです。株がやはり弱々しいのですが、立派なベーサルシュートがのびてきてくれたので、ちょっと期待しています。他の枝が貧弱なので、このベーサル君に頑張ってもらおうかな、と。あまり変な方向に伸びないよう祈ろう。



紫陽花

とても寒い冬の後で、とても暖かい春が来て、植物たちは大慌てで芽を出したり、花芽を作ったりしたのに。。。

この4月は3月より寒かったそうで、4月中旬には霜の降りた夜があったようです。私はちょうど帰国中だったのですが。

この霜で、紫陽花が大きな被害を受けました。葉っぱが枯れて、花芽も。。。

でも自然は強い!全滅かと思っていたのに、何と枯れかけた葉の間からつぼみが!!!

少し咲いてくれそうで、とっても嬉しい!

普通だったら今頃は、葉っぱも勢いよく茂る頃だけれど、かなり寂しい状態です
。脇芽がたくさん出てくれるのを期待しています。

今年の一番バラ

バラが咲きました~。

過去2年、最初に咲いたのはアスピリンでしたが、今年はグラハムトーマス。アスピリンは、まだ硬いつぼみです。

イマイチはかばかしい成長が見られないグラハムですが、枝は細いながらずいぶん大きくなりました。

バラが咲くと、庭がパッとあかるくなりますね。

テスト

最近あげた(つもりの)記事が、消えていることに気づきました。

アップロードに失敗したのかな。。。

ちゃんと出来るかテスト。

今朝はいい天気。気温5度。

真央ちゃん

すごいですねー。真央ちゃんって、ホントにスーパースターですね。新聞号外やテレビ特番、記者会見実況。

寂しくなるなあ。。。

でも日本はやっぱり平和かも。

こちらはドルトムンドの爆発事件のニュース。近いから他人事じゃありません。

春が駆け足でやってきて、菜の花と八重桜が満開です。





サクラサク

早咲きの桜が咲いています。暖かくなると、あっという間ですね。

昨日の夜桜です。高い建物は教会。


春よ、春よ~。

ここ数日、ポカポカ陽気です。気温も10度を超える日が出てきました。

寒い冬でした。春の花も、例年より開花が遅いです。



今きれいに咲いているのは、これ、クロッカスです。スーパーの30ヶ入りの安い球根を買うと、色が混ざっているはずなのに、ほとんど全部同じ色なんですよね。去年のはほとんどが黄色と紫。欲しい白は全然入っていませんでした。この白と紫の混じったのも好きだけれど(これもほとんど入っていない)、今年の秋は安売りじゃない白を買おう。

混ざっているのを買うと、咲くまで色がわからないのが楽しみ。



このクリーム色は、選んで買ったクロッカスです。薄い色は庭を明るくしてくれますね。少し小ぶりで花びらが厚い感じです。

春だわ~!

ちゃんとクリスマスに咲いたクリスマスローズ

殺風景な冬の庭に、真っ白いクリスマスローズ。この冬はきっちりクリスマスの時期にきれいに咲きました。

写真は12月18日の花です。まだ咲いていますが、度々の氷点下で、さすがに少しくたびれ気味になっています。確か2年前に買った株ですが、大きくなりました。宿根草は年々たくましく大きくなって行く楽しみがありますね。

20161218CR.jpg

この冬はとても寒いドイツですが、昨日は気象庁が「外出しないように」と呼びかける事態になりました。氷点下なのに、雨・・・雨が落ちて凍って、道路がツルツル。ほとんど鏡状態になりました。とても歩けたものではありません。

夕方買い物に行こうと思って玄関を一歩出て、もう一歩あるいて、3歩目で戻ってきました。雪道が凍ったのも危ないけれど、道路に薄い氷の膜を張ったようになった状態って、とてつもなく滑るんですね。というわけで、この週末は備蓄食品で生き延びることとなりました(今日は少し暖かくなりましたが、日曜日はお店が閉まっている)。

あけましておめでとうございます

あっと言う間に2016年が過ぎて、2017年になりました。

みなさんにとって健康で楽しい一年になりますように!

あまりに月日の流れるのが早過ぎて、もうどうしましょう、という感じです。
今年はこのブログも、もうちょっとまともに更新したいな、と思っています。

ブログを書く余裕がないのは、時間的なこともあるけれど、気分的なものが大きいかも。
もっと余裕がある生活を目指そう!

SI20160919.jpg

新年なので、去年のお気に入りの写真を一枚。

我が家のプリンセス、セプタードアイルです。背景の薄紫はクレマチスのプリンスチャールズ。近くに植えてあるのに、なかなか開花時期が合わなくて良い写真が撮れなかったのですが、9月にやっと撮れた一枚です。

去年の夏はお天気が散々だったので手入れもろくにせず、寂しい庭でした。今年はもうちょっと手をかけて、お天気にも良くなってもらって(神頼み)、庭を楽しめたら良いなと思います。

その前にこの厳しい冬を乗り越えなくては!・・・でもこれから日が長くなって行くので、気分的にはとっても楽です。



この冬ドイツは寒そうだ~!

いきなり寒くなって、昼間もほとんどプラスにならない日があります。日陰はずっと凍ったままで、根雪ならぬ根霜、3日くらい真っ白のままだったりします。

昨日は一日濃い霧がかかっていたのが、夜気温が下がって(ー7度)、朝は素晴らしい風景になりました。霧氷というのでしょうか。何もかもが真っ白。

20161204B.jpg
ちょっとわかりにくいでしょうか。細い枝に霜が付いて真っ白。すごくきれいでした。寒いけれど、快晴。この時マイナス3度くらいです。

20161204F.jpg
ザ・フェアリーも凍ってます。

aspirin201611E.jpg
これは数日前のアスピリン(アスピリンなのにかわいいピンク)。きれいに咲いているから切りたくなくて残しておいたら、こんなことに。凍っているアスピリンもきれいなもんです。

20161204Aspirin2.jpg
上と同じ花です(反対側から)。さすがに凍ったバラは色が変わっちゃって、今日は霜も分厚く、こんなになってました。ちょっとアップで撮ってみました。

寒くなったので冷凍庫のお掃除をしました。冷凍庫の中のものをベランダに置いておけるので、いつも冬にお掃除するのですが、去年の冬は暖冬で出来なかったんです。氷と霜がたくさん取れてすっきり。引き出しが楽々動くようになりました。

紅葉

また間が空いてしまいました。なかなか余裕がなくて書けないのですが、自分のブログをのぞいてみたら、長い間アップデートしていない時に出る広告が出ていて、あ~かっこわるい。

今年はひどい夏でしたが、9月にお天気が良くて暖かい日が多くなりました。元気のなかった夏の花が9月になって元気を盛り返してきたのですが、それでもどんどん日は短くなるし・・・

10月末に夏時間が終わって、日が暮れるのが一気に早く感じられます。11月、一番暗い季節です。

ご近所の桜の紅葉です。桜は春は花、秋は紅葉で、優秀ですね~。


合唱の練習室の窓から。右の紅葉を入れたら、教会の上が切れちゃいました。


真っ赤なもみじが散り始めて、コンクリートの階段を彩っていました。ドイツ人の友達が「日本のもみじね」と言っていたので、日本の紅葉の美しさは結構知られているらしいです。

リオ五輪

今年のドイツはほとんど夏らしい日がないうちに、日がどんどん短くなって行って寂しいったら。

夏らしく暑くなってもすぐに崩れてしまって、ここ3週間くらいは外出には薄手のダウンジャケットを持って行きます。軽いしあったかいので。先週は本当にひどいお天気で、ウツになりそうになりました。この週末から少し暖かくて、20度を越しています。

3週間くらい前に買ったサンダル、明日は履けるかも。

リオ五輪、時差の関係で夕方から明け方まで、という見ようと思えば見られる時間帯です。翌日のことを考えなければね。水泳はいつも夜中の3時過ぎだったので、ほとんど見られませんでした。

ラッキーなことに、体操はちょうど見やすい時間帯だったので、手に汗握ってしまいました。

今日の女子の卓球3位決定戦も、ちょうど良い時間で、ドキドキでした。銅メダルが取れて良かった~!愛ちゃんの涙に、もらい泣き。

それにしても見ていて思うのは、メンタルの強さ。もう、ほんとうに、ある程度のところまで行ったら、メンタルが強い人が勝つんだろうなあ。体操の内村選手なんて、あの期待の中、あの演技をするんだもの。個人総合の鉄棒の美しさ、フィニッシュの決め、まったくもってすごいとしか言いようがありません。

ドイツではオリンピックは全然盛り上がっていなくて、1年くらい前にドイツに来たばかりの友達が、「ドイツってこんなもんなんですか~?日本はオリンピックって言ったら、どこもかしこもオリンピックですごいですよ~」と言っていました。そうでしたっけ。

ドイツではオリンピックの放送は、日本で言えばNHKに当たる放送局がほぼ一日中オリンピックを流していますが、他のチャンネルは普段通り。ニュースもオリンピックの結果は、政治経済のニュースの後に伝えるだけです。金メダルを取っても、トップニュースで扱ったりしてくれません。

ドイツはオリンピックよりサッカーですね。ワールドカップの時は大騒ぎになります。

今日は合唱の練習日でしたが、オリンピックのことは誰も話していなかったな、そう言えば。

もちろんドイツで放送するのは、ドイツ選手が活躍する種目ばかりです。だから水泳と卓球はテレビで観られましたが、他の競技の日本人の活躍はもっぱらインターネットです。便利な時代になりましたね。

私はあまり夏のオリンピックは興味がないのだけれど(冬のオリンピックも興味があるのはフィギュアスケートだけだったりしますが)、日本選手が活躍するのは嬉しいので、ちょこちょこ見ています。

テニスは錦織君が銅メダルを取ってくれました。五輪なのになぜにプロばっかりのテニス?とも思いますが、テニスは好きなので、まあいいか。ナダルに勝った!

バドミントンが強そうですね。にわかバドミントンのファンになってしまうかも。

暑っつい!

いきなりの夏である。と言っても30度を越えるのは3回目くらいかな。

いつも1日か2日で、また涼しく(寒く)なっちゃう。今回も今晩雷雨で、あすは涼しくなっちゃうらしい。


木は胡桃の木です。

英国のEU離脱!

まさか、こうなるとは思っていませんでした。結局のところは残留に落ち着くのだろうと思っていました。

うわあ、これからどうなっちゃうんでしょうか。

離脱を選んだ人たちは、ちゃんとわかっているんでしょうか。いえ、私だってちゃんとわかっているわけではないのですが、これから経済が大混乱になるだろうこと、短期的に見て(長期的にはわからないけれど)、イギリスにとっても良くないだろうことは予想できます。

イギリスには日本企業がヨーロッパ拠点を置いていることが多く、EUから離脱するのであれば、イギリスに拠点を置くメリットがなくなるので、イギリスから出ることになるのではないかと思います。もちろん日本企業に限りません。

EUは大混乱になりますね(EUだけじゃないですが)。これからどのようなプロセスを経て、正式に離脱するのかはわかりませんが。

結局、イギリスはヨーロッパじゃない、イギリスはイギリス、大英帝国だ、ってことでしょうか。別にEUの一員でだって、存在感は示せるものを・・・若い人に残留派が多く、年配の人に離脱派が多い、というのも興味深いです。

気になるのは、こうしてどんどん「排他的」な考えが広がって行くということです。ドイツだって例外ではないのですが。。。
プロフィール

matie

Author:matie
いらっしゃいませ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
このごろカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR